住宅・住居に関すること

住宅・住居についての説明 住宅・住居は一軒家がいいと言う人と、賃貸物件の方がいいと言う人がいます。おそらくこの議論は決着がつきません。それと同じように、都会に住む方がいいと言う人と、地方の方がいいと言う人もいます。これらはもう個人の自由としか言い様がありません。それぞれ経済状況やライフスタイルが異なるからです。しかし、これからは一軒家を持った方が有利ではないかと言う声が大きくなってきています。今後、年金制度がどうなっていくか分からなくなってきており、今までのような額の年金を受け取ることができない可能性が高いと言われています。

年金が減額されれば、賃貸物件に住んでいる場合、毎月の家賃の負担が大きくなってきます。若い間は賃貸物件で色々なエリアに住んでみて、ここと言うエリアが見つかればそこに家を買うと言うのもいいと思います。また、都会か地方かの問題は、生活基盤を優先させるなら都会に住んだ方がいいでしょう。都心部はビジネス集積エリアで、仕事もたくさんあります。よく、都会は物価が高いと言われていますが、実際は流通網が発達しているので、生鮮食品や日用品の価格は意外に安いのです。車を所有しなければ、生活コストは思っているよりは低いです。
Copyright (C)2022住宅・住居についての説明.All rights reserved.